アナログ回帰

年賀状もまともに出さない有り様ですが、それでも一応毎年最低限5,6枚は出さないといけないわけですよ。

で、その度に自分の字の汚さにうんざりしてるわけでして…

これはさすがにいかんと思ったので、今人気の万年筆「Kakuno」を購入してきました。

ついでに売り場にあった同価格帯の「ペリカーノJr」も一緒に。

黄色いのがペリカーノJr、赤いのがKakuno(中字)、黄緑のがKakuno(細字)

ペリカーノは中字って書いてありますがちょっと太いですね…漢字を書くと潰れる。

海外の万年筆は日本のと比べて全体的に太めみたいです。

というか、漢字をのような細かい文字を書く必要性から日本の万年筆が全体的に細めなのか。

ノートなんかに書く普段使い用にするなら、Kakunoのほうが使い勝手よさそうですね。

今ほんとに万年筆流行ってるみたいで、200円台のペンでも万年筆タイプのペン先とか出てますね。

ただし、その割にインクカートリッジは置いてない店が多かったり…

いざとなったらインクはamazonで買えるので供給の心配はしてないのですが、万年筆買うなら一緒に換えのインクも買う人多いだろうし、みすみす客を逃してることになるよなあ勿体無いなあと、他人事ながら思うなど。