1万円以下で活動量計を選ぶ

最近は携帯電話会社が健康管理ツールを出したりと、活動量計が一般的になってきているようで、ちょうど(?)ポケモンGO配信で外を歩き回る予定もあることだし、自分も活動量計を持つことにしました。

いやあ、実は前から欲しかったんですよ。睡眠の深さは一時期iphoneのアプリでログを取ってたこともあるんですが、枕元に置いておくタイプなのでベッドでないと使えないし、正確さも微妙だったので暫くしてやめてしまったんですよね。

これを使ってました。

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock – 睡眠アプリ

開発元:Northcube AB

posted with アプリーチ

しかし活動量計欲しいといったところで、いざ買おうと売り場に行ってみると結構高い。残念ながら、自分はちょっと試してみたいな程度の気持ちで何万円も出せるブルジョワではない。できれば1万円以下がいい。

優先度高(必須)

  • 睡眠を測れる
  • PC、スマホと連携可能
  • 邪魔にならない

優先度低(あったほうが良いけどなくてもいい)

  • 心拍数計測
  • ディスプレイつき、時計表示
  • iPhoneアプリのヘルスケアと同期可能

階段計測、電池の持ち、防水はあまり気にしません。

1万円以下で条件を全て揃えるのは無理なので、優先度が高い要求を満たせそうなものを探します。

ついでに、地元のヨドバシで試着できるといい。

という感じで比較検討対象になったのが以下です。

リストバンドタイプ

EPSON PULSENSE PS-100BL

最下位モデルが7000~8000円弱だったかな。

1万以下で心拍計測機能つきが欲しい場合はほぼこれ一択。

値段の割に脈拍センサーが高性能とのことで、トレーニングをするときの心拍数モニタリングがメインの使い方ですかね。

ディスプレイはついてませんが、スマホと連携すればほぼリアルタイムで心拍数の推移がわかります。

本体のLEDライトで運動強度が段階的に表示されるので、運動の目安にはなります。

心拍数計測がついているリストバンドタイプの宿命なのか、ちょっとゴツいのが気になる。

アクティビティトラッカーって基本的に歩数しか計測しないので、自転車は検出してくれないんですよね…

心拍数計測機能がついてるものを選ばないと、距離からの予測のみになります。

Misfit Flash

http://jp.misfit.com/products/shine/

最下位モデルなら3000円台で手に入る。

ディスプレイは数字が2桁表示されるだけで、時計は大雑把な時間しかわからないのであまり役に立たないかな…

腕につけるタイプとしては珍しく、充電ではなくボタン電池。

デザインはいいよね、これ。カラーバリエーションも豊富だし。

軽いし、ゴツさもないので違和感なくつけられるかなーと思ったけど、Amazonレビューを見ると「バンドから外れて水ポチャする」「紛失しやすい」という声が多かったので、もし使うなら対策が必要かも…

防水というのがウリらしいですが、これもレビュー見る限りは気休め程度っぽい。

クリップタイプ

Fitbit One FB103BK

http://www.fitbit.com/jp/home

7000~8000円台。心拍計以外の標準的な機能を備えてます。

睡眠時は手動でモードを切り替える必要あり(ボタンを長押しするだけ)

比較的手軽なアクティビティトラッカーとしてはこれが人気のようで、沢山レビューが出てくる。

ちょっと見てみると、寝る時にいちいち付属のリストバンドに入れ替えるのは面倒という感想が多いですね。

あと、付属のクリップケースがあんまりよくないらしく、落としてなくす人が続出してるので対策したほうが良さげ。

Amazonで探すとシリコンの暑苦しいのしか出てこないんですが、ハンドメイドのFitbit Oneケースが結構あるみたい。

iPhoneのヘルスケアとの同期は有料アプリを買えば可能。

Fitbit Zip

Amazonだと3000~5000円。ヨドバシ見てきたら6000円台でした。

クリップタイプの下位モデル。歩数・カロリー、時計。睡眠の記録ができないので今回は対象外。

値段的に言うと、この辺を買うならもう少し出してFitbit Oneを買うか、オムロンかタニタの活動量計にしてしまった方が良い気がする。

UP MOVE

http://kanjitsu.com/jawbone-product/up-move

UPシリーズの下位モデル。7000円台。

付属品を取り替えることでクリップ・腕両方に対応可。

歩数、距離、消費カロリー、睡眠と、これもまあ最低限は備えてる感じで。

Moveシリーズの最上位モデルは心拍モニターもついていて、光学計測ではないのでゴツくないし、つけていても痛くなさそうだったのですが如何せん高い。

万歩計寄り

PC・スマホとの連携を重視しない+睡眠を計測しなくていいならタニタやオムロンの活動量計が値段もお手頃。

3000~5000円くらいで色々選べます。

新しいのはスマホと連携ができる機能がついてますが、その分ちょっとお高くなる。

ヘルスメーターのノウハウを持ってるだけあって、機能面では至れり尽くせりです。

タニタの活動量計・万歩計

PCやスマホと連携することを考えてないため、基本全部ディスプレイつき。2000円台~

http://www.tanita.co.jp/product/c/c1020j0/

ただ、やっぱり連携活動量計のスタンダードとはちょっと違う方向性というか…アクティビティトラッカーというよりは万歩計の延長って感じですね…

腕につけるタイプも最近出してきてるようですが、ポケットに入れるか首から下げるタイプが多いです。

オムロンの活動量計・万歩計

基本的にはタニタと似たような印象ですが

Active Shift EDGE HJA-700T

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hja/hja-700t.html

オムロンが出してる活動量計はこんなのもあります。8000~9000円

ディスプレイつき、充電式。スマホ連携対応ですがiPhoneアプリ専用なので注意。

USBメモリみたいな見た目してますね。最近の活動量計を意識してる感じですが、やはりアクティビティトラッカーというよりは昼間の歩数計測がメインな使い方か…日本企業にありがちな、いかにも万歩計です!感は少なくなったかな。

睡眠が測れないのでこれも今回は対象外。

まとめ

最終的にこの2つに絞りました。

EPSON PULSENSE PS-100

効率的に体を鍛えたり、スポーツをする人、徒歩だけでなく自転車などの運動量も正確に把握したい人向け。

自転車やその他、歩数が関係ない運動の強度を測りたいなら、これ一択。心拍数が測れるものが他にないので…

Fitbit ONE

特に体を鍛える予定はなく、日常の歩数や消費カロリーを記録したい人、健康管理のために生活パターンのログを取りたい人向け。

目的にとしてはこちらになるため、Fitbit ONEを購入することにしました。

ミスフィットと迷ったんですが(値段的な意味で)できればディスプレイは欲しいなあということで。

機能的にはEPSON PULSENSE PS-100が一番遊べそうですが、店頭で試着してみたところ脈拍計測の突起が痛いのと大きくてじゃまになるものを常につけているのは無理そうだったので、今回は見送り。

思ったこと

iPhoneのヘルスケアアプリやその他のアプリには意外と対応してない。

腕に巻くタイプはサイズが合わないことがあるので、なるべく店頭で試着したほうが良い。

自分は手首が太いのか、女性向けのSサイズだと一番太い穴でちょうど位でした…

光学式心拍計測機能付きは腕が圧迫される(跡がつく程度)ので、腕の形によってはちょっと痛い。

ディスプレイ、心拍計測機能搭載だといきなり値段が跳ね上がる(ユーザーが多くてそこそこ信用できそうなメーカーの製品だと2~3万が相場)

心拍モニター機能付きと称されてる製品、Amazonで3000~5000円の安い海外製もあるっちゃありますが、レビューを見ると測れてるんだか測れてないんだかって感じであまりあてにならない…