Original

一次創作の簡易 簡易じゃなくなりつつあるまとめ≒黒歴史ノートです。

リアル中二の頃に作ったキャラがそのまま生きてたりするので、生暖かい目で見守ってほしい。

創作キャラ設定

スティア
ベル
カーム
セス
ヴィオール
ブラヴーラ
アルト
キャロル
撞賢木 宮耶
司 音嶺
綾瀬 由鷹
九段
アナスタシア
no name
ぬこ

スティア

かなり初期からいるキャラなので、一応看板キャラということになるのだろうか。

よく出てくる青髪ポニテ。描きやすさを重視して作られた主人公らしい主人公。喜怒哀楽がはっきりしている健康優良児。

魔法学校の生徒で成績優秀だが、就職先が決まらなくて焦っている。

→詳細


ベル

たまに出てくるピンク髪。スティアと寮の同室で、物を壊すのが得意な典型的トラブルメーカー。

ちょいちょい出てくるがシリアス展開には全く関わらないポジション。

→詳細


カーム

だいぶ昔に戦争やってて滅んだ国の負の遺産シリーズの長女。基本的に話は通じない。再生能力持ち…というか死ぬと1日前のある時点まで肉体がロールバックされるので事実上ほぼ不死だが、同時に記憶もリセットされる質の悪い悪霊みたいな人。全方位を敵に回すことを躊躇わない。

ある人物を追っているらしいが…?(とかぼかしたところで次の項目でバレているのだが。)

キャラデザ案だけ存在する妹たち:ミュゼット/アリア/エルナ


セス

だいぶ昔に戦争やってて滅んだ国の負の遺産シリーズの長男にして唯一の男。不定期に殺しに来る妹たちに迷惑……するほど何かを考えていないかもしれない。時報くらいに思ってる可能性がある。

体質はカームと大体同じ。こちらは話が通じるが、大抵寝ていて聞いているんだかいないんだか分からない。記憶はバックアップをとっているので一応連続している(ように見える)。

自我や感情が薄く、人に言われるとなんでも言うことを聞く。ついでに生活力がゼロ。どうせ何したって死なないし… とはいえ不死でも痛いことは痛いし同居人に心配されるのはなんか嫌だなあ、と思う程度には感情があるので、諦めてくれなそうな相手にはそれなりに反撃する。


ヴィオール

白銀竜。七賢竜(ファンタジーにありがちな設定)の一頭。名前は音楽用語から。

こういう存在って普段何してんでしょうね…この地に縛られてるとかいう設定がある辺り、昔何かあった模様。でも魔王とかいるわけではないし、最近は人間もヤバめのことにあまり手を出さないので割と暇。

竜形態のときは全身羽毛のもふもふ。人間形態のときは化けるのがあまり上手くなくて羽がはみ出る。首周りがあいていないと窮屈なのか、大抵オフショルダーの服。


ブラヴーラ

黒鱗竜。七賢竜の一頭にして観測者。竜としての設定はヴィオールと同様。名前は音楽用語から。

こちらは化けるのがうまく、人間と見分けがつかないレベル。役所の書類をごまかして人間の町に住んでいる。

竜形態のときは全身を固い鱗で覆われた黒竜の姿。人間形態のときは長い黒髪の女性とも男性とも判別し難い容姿。で、見た目がほぼ冷蔵庫で冷えてる某錬金術師P氏であることに某ソシャゲを始めてから気づいた。なんてこった…


アルト

異世界ファンタジーなら金髪エルフは必要だろ!とかいう安易な理由で作られた真面目な性格の金髪みつあみエルフ。

この世界のエルフは種族的なタブーで肉や金属を嫌ったりはしないので、見た目が典型的エルフなのにイメージと違う…とがっかりされるのがちょっとした悩み。

→詳細


キャロル

有名な歌姫。というのは過去の話で、現在は神出鬼没の殺人鬼と化している模様。

歌声をトリガーとした魔法で大勢を操って殺し合わせたり自殺させたりするのが得意。

→詳細


撞賢木 宮耶(つきさかき みや)

よく出てくる茶髪の図書委員。某地方都市に存在するボロいアパート「深山荘」の大家。三人姉妹の一番下。上二人はほぼ出てこない。

伝奇要素がある世界観の主人公の割に霊が見えたりはしないし、当初は異能者バトル物のキャラクターだったため確率周りと力のステータスがバグっている。ちゃんとした笑顔は(設定上では)レア。

→詳細

  • 上の姉/撞賢木 在那(- ありな):横暴。たまーに帰ってくる。こいつも力のステータスがバグっている。
  • 下の姉/撞賢木 小鳥(- ことり):真人間(だった)彼女だけはバグっていなかったが、SAN値が0になったので登場はしない。

司 音嶺(つかさ おとね)

アパートものにおける「隣の美人のお姉さん」枠。先天性色素欠乏症、いわゆるアルビノで昼間はあまり外に出ない。実家は金持ち。

ちょっと反応がずれているのは実家が金持ちなせいではなく、別な理由があるらしい。

→詳細


綾瀬 由鷹(あやせ ゆたか)

顔が出てこないクラスメイトその1 綾鷹とは関係ない。

設定上は特に変な能力は持たない一般人だが、ラノベ男主人公にありがちな「異様に不運」なのである意味特殊能力者。静かに暮らしたい。


九段(くだん)

顔が出てこないクラスメイトその2 ちょっとうるさいけどいいやつだよ、多分。

特に変な能力はないはず…と見せかけて、常に不可視の力が働いて蚊帳の外になり、変なことが起きても絶対に目撃しないので、ある種の特殊能力持ちなのかもしれない。


アナスタシア

ポストアポカリプスな世界で荒野の鳥籠に囚われ続けている幼女。歌声に強烈な洗脳力があるため(本人の意思ではない)、近づくことは禁忌とされている。

羽が生えていることを除けば、本人は純真な至って普通(?)の子供。人前で声をだすことを恐れている。

→詳細


名無し

よく郡山くんと一緒に出没する女の子。『ふじくらコンピvol.2 世紀末コンピ』のジャケにもいる。

黒髪、赤目、頭にリボン、黒のゴスロリっぽい服を着ていることが多い。その時によって外見年齢が上下する。

設定画:全身図


ぬこ

( っΦωΦ)っ ←こいつ。

猫のデフォルメではなく、耳がなく手足が短い餅状生物。


  • 郡山くん:福島県郡山市の道端にある変なオブジェ(実在)踊る。

世界設定

異世界

ドラゴンやエルフがいて魔法がある、いわゆる「剣と魔法の中世風ファンタジー」よりはもう少し科学技術が発達しているとても都合のいい設定の異世界ファンタジー。

→詳細

現代日本

深山荘の人々。(仮)

というタイトルがあった。はず。

かっこかりのまま何年経つのだ… 超常現象やSCP財団やCoCやインセインな伝奇ファンタジー要素もあるかもしれない現代物。妖怪や悪魔や魔術や超能力諸々がほとんど実在している……が、一般人はそれを知らない。

誰彼時

田舎を舞台にしたホラーノベルゲーになるはずだった話。深山荘の人は出てこない。

→詳細ページ

Archive

過去に公開していたものや企画で作ったもの。

めんつゆクエスト

2011年7月頃に藤里が制作・配布していた超絶内輪向けネタゲー。

世界線が変動してしまった原因はめんつゆにあった…かもしれない。

もとの世界線に戻すために、めんつゆを買いに行ったり、キモい足の鶏と戦ったり、コミケ会場に潜入したり色々する。

※Wolf RPG Editorのバージョンが上がって当時のデータが非対応になったため公開終了しました

めんつゆクエストをプレイするふじくら周辺 – togetter

めんつゆクエスト2

懲りずに作った超絶内輪向けネタゲー第二弾。

異世界に飛ばされてしまった/^o^\を元の世界に送り返すため、巻き込まれたメンバーはめんつゆを探し壮大な旅に出る。

相変わらずウディタで作っていたためデータの移行はできません。すまぬ。

ふくしまのやぼう

ふくしまのやぼう 公式ページ

「おまえがふくしまになるんだよ!!!!!」

世界を福島にせんとする魔王ぬじさとの野望を阻むゲーム。

2016年エイプリルフール企画。(ページだけは)割と真面目に作った。

Q&A

  • 勝手に描いていい?:良いです。事前・事後報告は不要です。連絡するなという意味ではなく、連絡しなくていいから気楽にやってねという意味です。エゴサして勝手に見に行く可能性は大いにあります。
  • 条件とかある?:何かに使いたいときは、クレジット表記…というと堅苦しいですが、キャラクターの元ネタが藤里(@nujisato)ということだけ分かるようにして貰えればだいたいOKです。
  • 二次創作・うちよそ交流したい:非営利の範囲でしたらご自由にどうぞ。自作ゲームのモブとして出すとかでもOKです。
  • NGな表現はある?:藤里は基本的に創作物に対して地雷がない人間なので、NGな表現、NGなCPはありません。公開場所のルール(18禁の場合は不適切なコンテンツのチェックを入れるなど)とか、自分が考えたキャラとして売り込まないとか、そういうほんと最低限の常識と法律を守って頂ければ何を描(書)いても良いです。心配な方は参考にこちら→UTAU用ライブラリ藤音サト 規約<表現について>